2015年06月20日

インナーマッスル

こんばんは

先日、バレーボールを始めた。。
と、お話をしましたが
自身の体の変化について、書いてみたいと思います。

5月より、週2回、練習に参加しています。
1時間くらいの参加でした。
ストレッチ、準備運動、トレーニング。
ひと通りのメニューが終わると、試合の為の練習です。
しばらく、トレーニングまでで、体がゴングを鳴らしておりました。。ふらふら

毎回、全身の筋肉痛。
翌日は、動けないほど。。
腕は、痣だらけ!
それが、だんだん無くなり、今は、1回の練習に3時間くらい参加する事もあります。

身体ってすごいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

『バレエとは違う筋肉が、もりもりにならないか??』

『バレエとバレーは両立できるか?』

この疑問を、実験中です。

今のところ、支障はありません。
レッスンを定期的に出来ない、今、運動不足で筋力低下の私には、とてもプラスになっています。
もちろん、ストレッチは欠かせません。
こまめに、チョコチョコ伸ばしています。
週1のバレエのレッスンでは、腰が上がらない、身体が重い。。と、感じていましたが、
バレーのトレーニングの時に、インナーマッスルと、ハムストリングを意識する事によって、バレエのレッスン以上の刺激があり、身体が軽くなりました。

ただ、試合の形の練習時は、中腰でいるので、腰が痛くなります。
何が悪いのか、調べてみました。
“足の付け根をしっかり曲げておらず、骨盤が定位置にいない”のが原因ではないかと。
意識するのは、“肛門を斜め下に、尿道を真下に”という事です。

これって・・・

バレエでも、日常生活でも同じではないか???

骨盤の傾きで腰を痛めている皆さん
是非、お試しください。
“肛門は斜め下、尿道は真下”です!

それでは


posted by 新沼奈美 at 03:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひと言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420974951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

小竹向原
komone_road_map2.gif
飯田橋
スタジオスタイルワン
プロフィール
教師:新沼奈美
DSC01052web.jpg
5才よりクラシックバレエを始め、谷口登美子、余 芳美に師事
バレエ団えぽっく入団
ボリショイバレエ学校留学
現在、N.Otani ballet company 所属
カルチャースタジオα2(栗橋桂子バレエスタジオ)、東急スポーツOASIS、ティップネス バレエ講師
新着記事
(01/14)レッスン会
(01/14)レッスン会
(08/09)残暑お見舞い申し上げます
(06/20)インナーマッスル
(06/14)6/21のレッスン会
カテゴリ
会員登録について(2)
レッスンスケジュール(119)
お知らせ(96)
今日のひと言(75)
舞台のお知らせ(20)
舞台裏‥(16)
その他(1)
過去ログ
2016年01月(2)
2015年08月(1)
2015年06月(2)
2015年05月(1)
2015年02月(1)
2015年01月(2)
2014年12月(1)
2014年09月(1)
2014年08月(1)
2014年07月(1)
2014年06月(3)
2014年05月(3)
2014年04月(2)
2014年03月(1)
2014年02月(3)
2014年01月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
記事検索
 
QRコード
Live Moon ブログパーツ
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。